のうない あうとぷっと。
セキュリティ

最近Newsになっている51%攻撃について調べてみた。

ここ最近、複数の仮想通貨が新しいタイプの攻撃を受けていて、
資金が消失してしまう事件が発生しています。
今までは取引所がサイバー攻撃や不祥事によって、資金が消失・盗難にあうことはありましたが、
今回はブロックチェーンそのものが攻撃を受け、結果資金の消失が発生してしまっています。

ブロックチェーンとは?

仮想通貨はブロックチェーンを使用していますが、
ブロックチェーンについて簡単にまとめます。

ブロックチェーンは言葉の通り、
取引記録を保持している「ブロック」がチェーンのようにつながっているものです。
チェーンのようにつながっているので、過去の取引記録も容易に調べることができます。

ブロック内の情報はハッシュ関数と呼ばれるものに変換をしてます。
ハッシュ関数は特定の計算式で計算されるもので、
情報の中身が変わると算出されるハッシュ関数も違うものになります。

これらの仕組みのおかげで、過去の取引記録を改ざんした場合、
ハッシュ関数の結果が変わってしまい、改ざんを即座に発見することができるのです。

また、ブロックチェーンは個人で保持するものではなく、
インターネット上の複数のコンピュータにも同時に保存されています。
取引が行われると各コンピュータが一斉に問題ない取引かどうかの検証を行い、
問題が無ければ取引を行うことができます。

この通り、複数コンピュータが常に取引内容を検証・監視しているため、
不正な取引は行うことができないようになっています。

また、取引記録自体も公開されて誰でも閲覧することができるため、
「デジタル公開台帳」とも呼ばれることがあります。

51%攻撃とは何か

さて、本題。

そもそも51%攻撃とは何か?について。

上記でも説明していますが、
ブロックチェーン技術を使用している仮想通貨は

“””
この通り、複数コンピュータが常に取引内容を検証・監視しているため、
不正な取引は行うことができないようになっています。
“””

の通り、複数コンピュータが一斉に取引検証を行うため、
監視している環境で不正ができない仕組みとなっています。

・・・が

ブロックチェーンは、同じ時間帯で1つのブロックから2つの取引記録が発生した場合、
チェーンの流れが2つになってしまう。これを「フォーク」と呼びます。
また、ブロックチェーンの世界では、チェーン(ブロックのつながり)が長い方を正とするというルールがあります。

これを悪用して、
デジタル公開台帳を検証・監視している複数コンピュータの半数以上(51%以上)が
悪意のあるコンピュータを持つ個人・団体の場合、不正な取引を沢山おこない、
「正規取引」と「フォークした不正な取引」が流れとしてできてしまった場合、

「フォークした不正な取引」が正規取引よりもチェーンが長くなってしまった場合に

また、ブロックチェーンの世界では、チェーン(ブロックのつながり)が長い方を正とする
が発生し、「フォークした不正な取引」が正しいチェーンということになってしまいます。

このようにして、自分たちに都合の良い不正取引を正当化したり、
都合の悪い取引をなかったことにすることができることを

「51%攻撃」と呼んでいます。

実際に被害にあったか仮想通貨

ビットコインのハードフォークである
ビットコインゴールド(BTG)が「51%攻撃」の標的となりました。
実際の被害額は約1750万ドル(約20億円)とのことです。

仮想通貨ビットコインゴールド、「51%攻撃」で約20億円の被害
https://japan.cnet.com/article/35119842/

それぞれの仮想通貨に対して51%攻撃を行うには、
どれくらいのコストを払う必要があるかを調べるサイトがあります。

Cost of a 51% Attack for Different Cryptocurrencies | 51Crypto
https://www.crypto51.app/

このサイトには
「仮想通貨の名称」
「略称」
「時価総額」
「ハッシュアルゴリズム」
「マイニング速度」
「51%攻撃を行うための1時間あたりのコスト」
「NiceHashサービスが占有している割合」
が表形式で記載されており、仮想通貨の名称のリンクをクリックすると
各仮想通貨の詳細情報について確認することができます。

仮想通貨をお持ちの方で、気になる方は確認しておいた方がいいかも??

過去記録の改ざんをされる?

結論から言って、公開帳簿の改ざんはされ「ません」!!

過去の記録は

インターネット上の複数のコンピュータにも同時に保存されています。
取引が行われると各コンピュータが一斉に問題ない取引かどうかの検証を行い、
問題が無ければ取引を行うことができます。
が有効であるため、確定した過去の記録は改ざんされることはありません。

まとめ

51%攻撃を行うためには相当数の複数コンピュータが必要です。
コインによっては少ない資金で実現できてしまうものもあれば、
ビットコインのように大量の資金を必要とするため、事実上実施されないものもあります。

が、51%攻撃が多発し、送金記録が無かったことになったり、
2重支払によるフォークが発生すると、ブロックチェーン技術による仮想通貨の価値を
覆すものとなってしまいます。

仮想通貨の更なる発展のために、
51%攻撃に対応した対応が必要になってくるのではないかと思います。

おしまい。