のうない あうとぷっと。
雑記

目的と手段をごっちゃにしてはダメですよ!

目標金額○○万円!って具体的で可視化されててイメージしやすい目標ですよね。
目標の建て方としてはとてもいいと思います。

クロネさんの月収100万円欲しいって本心なの?本当に欲しいのは「時間」じゃないの?にも記載されているように
目的と手段がごっちゃになってると、最適解を見失うことがあるかと思います。

仕事の話でもそういうことありますよね。

仕事の話で例えてみた

私はSEなので、業務システムに関連することで例えますが、
例えば、「業務効率化」や「暫定対処」が目的なのに、
気がついたら言語が○○であること!が種になってしまい、
○○という言語で書くことに固執することがあります。

でも、実際には暫定対処ができれば最低限のお客さんの要件を満たせるので
無理に○○という言語を使用する必要はありませんよね?
○○という言語じゃないと○○ができない、という人がいますが、
本当にその言語じゃないとできないのでしょうか?
できないものもあるかもしれませんが、
必ずその言語でしかできない、というわけではないと思います。
要件を実現させるためだけならば、別の言語を使っても実現はできるかもしれませんよね。

・・・話が脱線しました。

で、結局どうしたいんだっけ?

クロネさんの記事月収100万円欲しいって本心なの?本当に欲しいのは「時間」じゃないの?で言いたいことは
・単に100万円欲しいだけなのか、
・時間を作るためには100万円必要と思っているのか
後者の場合、時間を作るために100万もいらなくて、
作業時間を減らして50万あれば足りるのか、など
なんのために100万が必要なのか、
目的と手段は明確にする必要があるかと思います。

そんなこと言われても整理できないよ!!という人は・・・

わからないときはマインドマップを作成してみるといいかと思います。
「マインドマップ?なにそれ?」というかたは、まずはとりあえず紙に書き出して見るといいと思います。

意外と自分が忘れてるだけで、本来の目的を思い出せるかもしれませんよ?

そりゃお金が稼げるならそれに越したことはないですが・・・
遠すぎる目標を立てて、ため息をつくくらいなら、
目的のために一つずつクリアしていく方が、実現度は高いかと思います。

はい、頑張ります。(自己啓発)

おしまい。