のうない あうとぷっと。
雑記

discord上でMarkdown記法が使えるので使える装飾記法をまとめてみた。

どうも、わいつぼいです。

イケハヤさんの運営するブロガーズギルドのプログラミング部に生息しています。

今はGMのしゅうへいさんから依頼されている

ブログの執筆記事数のカウンターBOTについて製作しています。

テストサーバでBOTのユーザテストを行なっている時に

しゅうへいさんから下記のような

 テスト

文字をくくって表示する方法について質問があったので、

せっかくなのでチートシートを書きました。

長くなりましたが、早速行きましょう!

太字

変化させたいテキストを「*」(アスタリスク)2つで囲むと、囲われたテキストは太字になります。

テスト

こんな感じ。

斜体

変化させたいテキストを「*」(アスタリスク)1つで囲むと、囲われたテキストは斜体になります。

テスト

こんな感じ。

取り消し線

変化させたいテキストを「~」(チルダ)2つで囲むと、囲われたテキストに取り消し線が入ります。

~~テスト~~

こんな感じ。
テキストの終わりのほうに「~」(チルダ)2つを忘れると
「~」(チルダ)2つが入るまで取り消し線が続くので注意。

下線

変化させたいテキストを「_」(アンダーバー)2つで囲むと、囲われたテキストの下に下線が入ります。

テスト

こんな感じ。

コード

変化させたいテキストを「`」(バッククオート)で囲むと、囲われたテキストはコードとして表示されます。

テスト

という感じに1行だけを変化させることができます。

コードブロック

変化させたい行を「“`」で挟むと、挟まれた行はコードブロックで表示されます。

テスト
テスト1
テスト2

シンタックスハイライト

コードブロックの最初の「“`」の後ろに言語名を書くと、シンタックスハイライトが有効になります。

print("Hello World!!")

こんな感じです。

まとめ

発言文にちょっと変化をつけたいときに

Markdown記法で手軽に変化させられるので、

使い方がわからなくなったら本ページを確認してくれると幸いです。